大会閉幕後も、障害の有無をこえた交流が広がることを目指して[あいちアール・ブリュット Portal Site]を開設しました!

れぽーと

  • PRイベント|プレイベント

2016年10月15日

「『居場所づくりのアート』久保田翠さんトーク」を開催しました

161008_kaijou

 

10月8日、穂の国とよはし芸術劇場プラットで、全国障害者芸術・文化祭プレイベント「『居場所づくりのアート』久保田翠さんトーク」を開催しました。

 

このトークイベントのタイトルにも「居場所」とありますが、久保田さんの活動の原点は、ご自身と障害のある息子さんがそのままでいられる場所(=居場所)をつくりたいとの思いにあったとのお話から始まりました。

 

161008_talk1

 

現在、久保田さんが理事長を務める認定NPO法人クリエイティブサポートレッツでは、様々な活動を展開されていますが、それを貫くのは、(一般的に「問題行動」と言われることであってもその人の)「やりたいことをやりきる熱意」を尊重すること、そして障害のある人の「存在」を「シゴト」にすること。

 

久保田さんにとって、「アート」とは、誰かをゆさぶる力を持つものであり、障害のある人には、社会を変える力がある。障害のある人の持つ社会を揺さぶる力が「アート」になり、「シゴト」になる。だから、彼らの作った「作品」だけをアートとして取り上げるのではなく、それを創り出した本人に注目してもらいたい。

あくまでも、障害のある人その人に寄り添うことを大切にされていること(そしてそこには覚悟が伴うこと)が、強く伝わってくるお話でした。

 

161008_talk2

 

後半は、全国障害者芸術・文化祭キュレーターの鈴木敏春さんの進行で、会場との意見交換。芸術やアートのあり方、福祉施設の持つ可能性、差別とどう乗り越えるのか…など、幅広い話題で、会場との交流を深めることができました。

 

久保田さん、会場にお越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。

 

(Y.S)