基本理念

  • 障害者芸術・文化祭は、障害者の芸術及び文化活動への参加を通じて、障害者の生活を豊かにするとともに、国民の障害への理解と認識を深め、障害者の自立と社会参加の促進に寄与することを目的に開催します。
  • 愛知県では、従来より障害のある方の社会参加の促進に積極的に取り組んでおり、「あいちアール・ブリュット展(障害者アート展)」などを実施するなど、障害者の社会参加の機会拡大を図ってきました。
  • 障害者芸術・文化祭の開催を機に、全国的な交流を通じ、障害者の社会参加と障害者に対する理解の更なる促進を図ります。
トップへ戻る

事業内容

芸術・文化祭
美術・文芸作品 舞台芸術
ふれあい交流
授産製品展示販売、補助犬の紹介、手話教室、障害者スポーツの紹介、福祉機器の紹介等のブース
講演会・シンポジウムの開催、バリアフリー映画の上演等

※その他、市町村開催の障害者作品展やイベントとの連携等を図る。

トップへ戻る

主な会場

  • 1. 愛知芸術文化センター〒461-8525 愛知県名古屋市東区東桜1丁目13-2

    愛知芸術文化センターは、国内外の20世紀美術を中心に、約8,000件のコレクションを持つ愛知県美術館と本格的なオペラが上演可能な大ホールやコンサートホール、演劇・舞踊・音楽などが自由なスタイルで展開できる小ホールを有する愛知県芸術劇場などからなる芸術文化複合施設です。

  • 2. 名古屋市民ギャラリー栄〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄4丁目1-8
    中区役所朝日生命共同ビル7・8階

    名古屋市民ギャラリー栄は、名古屋の中心地である栄に位置し、大・中・小併せて11室の展示室を備えたギャラリーです。絵画、彫刻、造形、書、工芸、いけ花など幅広いジャンルの発表の場として利用され、市民による芸術発信の地の役割を担っています。

  • 3. 株式会社三井住友銀行SMBCパーク 栄〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3丁目25-20

    「SMBCパーク 栄」は主に、お客さまへのさまざまな情報をご提供する施設です。毎月、幅広い分野のセミナーやイベントを開催しています。

  • 4. 株式会社名古屋三越栄店〒460-8669 愛知県名古屋市中区栄3丁目5-1

    名古屋の中心といえば、栄地区と名古屋駅地区が挙げられますが、名古屋三越栄店は、その栄地区の中心にあります。ファッションブランドからデパ地下グルメまで充実しており、多くの人気ブランドを集めています。また、屋上には現存する日本最古の“屋上観覧車”があり、文化庁により登録有形文化財として登録されています。

  • 5. 青少年文化センター〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3丁目18-1
    ナディアパーク内デザインセンタービル7階~12階

    青少年文化センターは、「青少年の芸術文化の振興に寄与する」ことを目的として中区栄のナディアパーク内に建設された複合施設です。ホールをはじめ、リハーサル室、練習室、各種設備を備えたスタジオや編集室、ビデオルームなどがあります。

  • 5. デザインホール〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3丁目18-1
    ナディアパーク3階

    デザインホールは、名古屋市の中心地・栄にあるナディアパーク・デザインセンタービル3階にあり、アクセスが大変便利です。天井高8mの開放的な空間を利用して、展示会からファッションショー等のイベントに、また客席を設置して講演会・会議等の集会に対応できる都心型の多目的ホールです。

  • 7. 損保ジャパン日本興亜人形劇場ひまわりホール〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-22-21-19F

    「ひまわりホール」は1989年に損害保険ジャパン日本興亜株式会社によって開設された座席数96席の人形劇場。人形劇以外に演劇、朗読、ダンス等の利用があり、年間約8000名の来場があります。特定非営利活動法人愛知人形劇センターによって管理運営されています。

トップへ戻る